のらりくらりブログ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 【お芝居】「死ぬ理由」を探して

<<   作成日時 : 2012/10/06 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カレンダー上は三連休の初日の今日、銀座へ行ってきました。お盆の頃以来かしら?

12時前に着いたので、まずはスパイスピエロ(銀座店)にて、スープカレーを。


画像


1日10食限定の、ラビオリとチーズのスープカレー(赤スープ、2辛)を。あと、フランボワーズラッシーもいただきました チーズたっぷりで、オクラがおいしかったです☆

食べ終わったら銀座はホコ天が始まっていました。

画像


今日は陽が射すと暑かったですが、雲りのときは風がいい感じでした。幸い、私がいたときは雨にも降られずにすみました。

さて、銀座に来た目的は、観劇です。

画像


ル テアトル銀座へ「樹海 -SEA of THE TREE-」というお芝居を観に行きました。今日が初日です。

これは、20年前に北海道でCREATIVE OFFICE CUEという芸能事務所を立ち上げ、今年、社長から会長へと肩書きが替わった自らも役者の鈴井貴之氏の作・演出作品です。

私が札幌に行くときは、だいたいここの事務所絡みのイベントです

鈴井さんは今までもお芝居や映画を手がけてこられましたが、「水曜どうでしょう」などのバラエティ番組で見せるのとは異なる、人間の闇の部分(「悪い側面」ということではない)に注目する、そんな感じの作品が多い気がします。バラエティ番組の企画・構成・出演では明るくばからしく、それが「光」だとすると、その光にある「影」または「陰」、これが映画などでは前面に出てくるのです。

今回も、タイトルが「樹海」ということで、舞台は、樹海です。自ら生命を絶とうとして樹海にやってきた人たち。自分の最期の場所を求めて、孤独に静かにこの世を去るはずがその空間に4人も鉢合わせすることになり・・・。

というお話です。シリアスなんだけどコメディ、コメディなんだけど魂の叫びが聞こえる、そんなお芝居でした。

それにしても、ものすごい台詞の量で、かけ合いというか呼吸を合わせないといけない部分も多く、これは役者さんたちは大変だっただろうなと思います。場面転換もなく、出ずっぱりです。まさに真剣勝負のお芝居、そんな気がしました。

それにしても、鈴井さんと、今回演出助手を務めていらっしゃる納谷真大さんの出番が・・・一気に気が抜けました(笑)

東京は11日(木)まで、その後は名古屋・大阪と続きます。

この舞台では、多くの「言い合い」があります。決して友好的ではないのですが、この言い合っているときって、(それがどんなものでも)その人の「主張」があって、そこに、生きている「理由」のかけらも埋まっている気がします。

「もういいよ」
「好きにすれば?」
「どうでもいい」

そんな無関心が一番、人を死なせてしまう気がします・・・

死ぬ理由があったはずの4人が言い合っているときの生き生きとしていること。自分が死ぬ理由をさらに掘り下げながら生き生きしているこの矛盾。

もしお時間あったら、是非、観てみてください!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【お芝居】「死ぬ理由」を探して のらりくらりブログ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる